2017年12月29日

気象・天気のしくみ



新星出版社
価格1,400円+税

一昨年からお伝えしている申斉は「精神(エネルギー)のしくみとその斉え方」ということになるのですが、その中に「大三気」という用語が出てくることはすでにご承知だと思います。

大三気とは、天気・地気・人気のことです。「天気」とは、地球と人間以外からこの地球全体に届けられるエネルギーのこと。「地気」とは地球自ら放出するエネルギーのこと。そして、天気と地気が交わることで生じる第三のエネルギーを原気とか元気と云うのですが、その内、特に人類を養うエネルギーのことを「人気」と云います。

今回ご紹介している本は、科学の説くところに基づいて編纂されているものであり、天気・地気・人気などといった用語が解説されているわけではありません。

つづきは、AWAKERSへ
posted by K at 15:07| 04自然科学

2017年11月30日

ホンマでっか??武田邦彦の『科学的人生論』



武田邦彦 著
飯塚書店 423
価格1,400円+税

ワタシのしがない人生経験の中に「何らかのことを懸命に考えたり行ったりしている時に、なんとなくシンクロ的な現象が生じる」というものがあります。

一般的には「感が鋭い」とか「虫の知らせ」とか、あるいはちょっと格好をつけて「シンクロニシティー」とか「エンタングルメント」−などというようですが、まあ、そんなこんなはともかくも、こうした事が、子供の頃から意外によく起きてきたわけです。

ですから自分自身で今更驚くようなことはないのですが、今回もなんとなくそんな気配がしてきました。

続きはAWAKERSへ。
posted by K at 12:28| 04自然科学

2017年11月11日

図解雑学『病気にならない免疫のしくみ』



安保徹 著
ナツメ社423
価格1,500円+税

本書は、図解雑学シリーズの一冊とありますが、内容の濃さからいえば、雑学どころか、一家に一冊の宝書と呼ぶにふさわしいほどの良本です。

確かに、言ってみれば単なる免疫の本ということなのですが、人間の恒常性維持システムの三銃士が「神経系」「内分泌系」、そしてこれらと鼎をなす「免疫系」であることを知る人にとっては、免疫のしくみを腑に落としておくことが如何に重要であるかということを、今更お断りするまでもないでしょう。

そうした中にあって、特に本書の出来栄えは格段のものがあります。
東西の医学に精通されていた安保先生が、そうした偏りのない視点からまとめたと推測される

本書のような書籍は、金儲け第一主義のいまどきにあっては、なかなか見つけることが難しい部類の最良書であると言えるでしょう。
続きはAWAKERSへ。
posted by K at 16:38| 04自然科学

2016年10月31日

植物はなぜ動かないのか



稲垣栄洋:著
ちくまブルーマリー新書252
820円+税

今回の“自然観つらつら”で、光合成についてお伝えしました。その中の内容のいくつかの出所が本書です。

光合成については以前からいろいろと考えるところがありまして、最近ではそれに関係する資料を、あちこちで探し集めているのですが、本書はそうした中で出会ったもののひとつです。

さきごろ、光合成で生き抜こうとした不食のスイス人女性が亡くなられたという記事を読みました。*1 その女性のチャレンジャーなお気持ちや態度は尊びます。しかし時期が少々はやすぎたようです。

続きはAWAKERSへ。
posted by K at 04:24| 04自然科学

2016年10月03日

断薬セラピー



宇多川久美子:緒
WAVE出版:発行

以前から研修会などで「降圧剤は無理に血圧を下げるので、脳貧血を起こしやすく、その結果認知症を早める可能性が高いのでは?」と――度々お話してきたことはご記憶であろうとおもいます。

また、高齢者は第二の心臓と呼ばれる筋肉の収縮運動が若いころに比較して減少しているので、血圧が高いのは当然・自然である――こともお伝えしてきました。

まあそうは言うものの、一介の姿勢研究家の談ですから、こうした説明をお聞きの皆さん方は、それほど重く受け取られていなかったのではないかと思います。

それでもしつこく云い続けてまいりましたのは、一般的な人体生理学を一通り学んだ者であり、自分自身で考えること――の重要性を忘れていない者であれば、ちょっと推論しただけでも、降圧剤≒認知症の相関性といったカラクリを簡単に気づけるわけです。ですから自分自身の確信の上で、ああしたことをお伝えしてきたのです。

続きは、AWAKERSへ。
posted by K at 02:49| 04自然科学

2016年10月02日

不安の力 不確かさに立ち向かうこころ



坂野登:著
頸草書房
価格:本体2,700円+税


 ご承知のとおり、わたしは心理学の専門家でも研究者でもありませんが、なぜか坂野登という教育神経心理学の大家が書かれたが『かくれた左利きと右脳』1982青木書店という本の第二版を愛読していた男でして、この本が大きなヒントの一つとなって、今にわたしの活動につながっています。

 また、こうしたことが縁となり、今から十数年ほど前に、関西のスポーツ会社のお世話で先生と対談させていただいたわけですが、それ以後、わたしのライフワークである姿勢研究の手に負えない部分を、分もわきまえずに、度々先生にお願いしてきたというわけです。

 こうして常々お世話になってきた坂野登先生から、昨年末あたりに、先生の新著「『不安の力』不確かさに立ち向かうこころ」をお送りいただきました。

門外漢ながら、折しも、これまでの自己の経緯や経験をもとに、こころに関する本の執筆を始めていましたので、ワクワクとして拝読させていただきました。

 ただし日本の心理学界の頂点辺りでお仕事をされている坂野先生の頭の中身と、わたしごときの頭の中身とでは雲泥の差があることから、本書の中に立ちはだかる高い壁になんども進路を阻まれながらの、なんとかの通読となりました。

 ですが読後は、意外にとてもさわやかな気分に包まれました。というのも、わたしの雑多な頭で先生が伝えんとしていることを解釈してみると、「不安」という感情は「不安ではない」という安定した心持ちと相補相関的な関係にあり、生きていく活力の源泉ともなっている―ということになったからです。

 本書の副題が示しているとおり、「不安」という一見ネガティブな感情は、変化し続ける不確かなこの世界に進化適応していくため不可欠な感情である―ということになるようです。

 先生に叱られるかもしれませんが、わたしは本書の主旨をこのように捉えました。

 そして、精度や表現方法においては雲泥の差があるものの、すでに印刷にまわっている自著の方
向性と先生の主旨との間に溝が観えなかったことも大きな喜びでした。

 坂野先生はわたしとは違い、やはり学者らしく、古今東西の「不安」に関する研究を前もってしっかりと紹介され、その上で、後半(第9章)にそれらの論を踏まえつつ、ご自分の研究の成果を披露されています。

 姿勢や姿斉(姿勢を斉える技法)を伝える人間にとって、身体の理解はもちろんのこと、心思の理解も欠かせません。

 わたしのような情緒的な文章も、我ながら悪くはないと思いますが、若いころから世界をまたにかけ、最先端の研究を続けてこられた坂野先生の著書に内包される精度の高い資料や文章や解析の成果を、手元に引き寄せることのできるありがたさに気づいていただきたいと願います。

 どうぞご一読ください。

posted by K at 02:54| 01哲学

2016年08月25日

自然なこころのゆらぎ方



片山賢:著
コスモス・ライブラリー:版
1,800円+税

●自然なシリーズ2 『自然なこころのゆらぎ方』
かたやまけんの三部作

第一編『自然な姿勢の斉えかた』に次いで
第二編『自然なこころのゆらぎ方』が、2016年4月に出版されました。

副題に「なぜだか学校では教わらないこころの壊れ方・斉え方」
とあるように、本著には、こころの具体的なしくみから
そのこころは「どのようにして壊れるのか」ー、
そして、「どのようにすれば斉えることができるのか」ー、
といった、こころに関する最も肝要なポイントが
順序立てて、わかりやすく、具体的に説明されています。
どうぞ、ご家族皆さまでご一読ください。
posted by K at 03:57| 01哲学

2015年11月26日

白川静 漢字の世界観



松岡正剛
平凡社新書
定価:942円

本書は数年前に、事務局のKさんからプレゼントしていただいていたのですが、自分で直接漢字を観た時のインスピレーションを大切にしたいとの思いから、漢字辞典は引くものの、こうした解説的な本を読むことはありませんでした。

もちろん、「学びて思わざれば則(すなわち)罔(くら)し、思うて学ばざれば則殆(あやう)し」の格言を忘れていたわけではないのですが、こと漢字に関しては、古代の人たちの心情を机の上から眺めても、なかなか共鳴しえないだろう―などという勝手な思い込みがあって、これまでなんとなく成書からは遠ざかっていたのです。

続きは、AWAKERへ
posted by K at 11:11| 08言語

2015年10月31日

アビダンマ講義シリーズ 『ブッダの実践心理学』文庫本版  一巻〜三巻


アルボムッレ・スマナサーラ/藤本晃
サンガ出版:刊
定価:一巻1,620円  二巻2,484円  三巻1,944円

同じタイトルの本をご紹介したのは何年前になるでしょうか。同名のシリーズを読んで以来、仏教に関してはマダラであった知識が一気につながったあの頃の記憶が、今でもよみがえります――。

3年ほど前にヨーロッパに出かけた際、アウェイカーのMさんから国内で1冊の本をプレゼントしていただいたのですが、それが以前に紹介していた本シリーズの文庫本でした。

文庫になっていることなどツユとも知らず、重い本を持ってヨーロッパに行こうか行きまいか――と迷っていたときに、ありがたくもMさんから文庫本の情報と、文庫本そのものをプレゼントしていただいたのでした。

続きは、AWAKER’Sへ







posted by K at 18:01| 01哲学

2015年06月30日

火の路 上・下



松本清張:著
文藝春秋:版
価格:各761円


森村誠一さんという作家をご存じでしょうか。
その昔『野生の証明』という小説や映画で一躍時の人となった作家さんです。ちなみに、その映画の主演男優は、先ごろ亡くなられた高倉健さんでした。

さて、その森村さんが「日本国家がもっとも恐れた小説家」と称したのが松本清張さんです。

清張さんの本というと、怨恨とか殺人の部分が強調された推理小説―というイメージがあるのではないでしょうか。テレビ化されているのは、たいていその手の作品なので、意図的にというか、そのようなイメージが強調されているようです。
まあ、いずれにしても多くの方々の氏に対する印象が怨恨・殺人推理小説みたいなものになっているのは、いたしかないといったところでしよう。

ところが氏の小説の多くは、じつは『裏日本史』を基盤に構築されているのです。

続きは、AWAKER’Sへ
posted by K at 15:36| 09文学