2014年09月27日

電気システムとしての人体



久保田博南:著
講談社ブルーバックス

ワタシ(ム)は、身体と心思と精神からできてます・・・という話は、アウェイカーであれば知らない人はいないでしょ――。とはいうものの、そもそも身体や心思は、精神=エネルギーから分化したものであり、その内の高密度の部分が身体、低密度の部分が心思となっている――といった感じでしたね。

そんな身心の元締めたる精神ですが、その片割れの精は地表からのエネギー(飲食物)、精と相棒の神は天空からのエネルギー(雷や空気)――であることも、アウェイカー方には、折に触れてお伝えしてきました。

つづきは、AWAKER'Sへ

posted by K at 16:08| 04自然科学