2015年11月26日

白川静 漢字の世界観



松岡正剛
平凡社新書
定価:942円

本書は数年前に、事務局のKさんからプレゼントしていただいていたのですが、自分で直接漢字を観た時のインスピレーションを大切にしたいとの思いから、漢字辞典は引くものの、こうした解説的な本を読むことはありませんでした。

もちろん、「学びて思わざれば則(すなわち)罔(くら)し、思うて学ばざれば則殆(あやう)し」の格言を忘れていたわけではないのですが、こと漢字に関しては、古代の人たちの心情を机の上から眺めても、なかなか共鳴しえないだろう―などという勝手な思い込みがあって、これまでなんとなく成書からは遠ざかっていたのです。

続きは、AWAKERへ
posted by K at 11:11| 08言語