2016年10月03日

断薬セラピー



宇多川久美子:緒
WAVE出版:発行

以前から研修会などで「降圧剤は無理に血圧を下げるので、脳貧血を起こしやすく、その結果認知症を早める可能性が高いのでは?」と――度々お話してきたことはご記憶であろうとおもいます。

また、高齢者は第二の心臓と呼ばれる筋肉の収縮運動が若いころに比較して減少しているので、血圧が高いのは当然・自然である――こともお伝えしてきました。

まあそうは言うものの、一介の姿勢研究家の談ですから、こうした説明をお聞きの皆さん方は、それほど重く受け取られていなかったのではないかと思います。

それでもしつこく云い続けてまいりましたのは、一般的な人体生理学を一通り学んだ者であり、自分自身で考えること――の重要性を忘れていない者であれば、ちょっと推論しただけでも、降圧剤≒認知症の相関性といったカラクリを簡単に気づけるわけです。ですから自分自身の確信の上で、ああしたことをお伝えしてきたのです。

続きは、AWAKERSへ。
posted by K at 02:49| 04自然科学