2016年10月31日

植物はなぜ動かないのか



稲垣栄洋:著
ちくまブルーマリー新書252
820円+税

今回の“自然観つらつら”で、光合成についてお伝えしました。その中の内容のいくつかの出所が本書です。

光合成については以前からいろいろと考えるところがありまして、最近ではそれに関係する資料を、あちこちで探し集めているのですが、本書はそうした中で出会ったもののひとつです。

さきごろ、光合成で生き抜こうとした不食のスイス人女性が亡くなられたという記事を読みました。*1 その女性のチャレンジャーなお気持ちや態度は尊びます。しかし時期が少々はやすぎたようです。

続きはAWAKERSへ。
posted by K at 04:24| 04自然科学

2016年10月03日

断薬セラピー



宇多川久美子:緒
WAVE出版:発行

以前から研修会などで「降圧剤は無理に血圧を下げるので、脳貧血を起こしやすく、その結果認知症を早める可能性が高いのでは?」と――度々お話してきたことはご記憶であろうとおもいます。

また、高齢者は第二の心臓と呼ばれる筋肉の収縮運動が若いころに比較して減少しているので、血圧が高いのは当然・自然である――こともお伝えしてきました。

まあそうは言うものの、一介の姿勢研究家の談ですから、こうした説明をお聞きの皆さん方は、それほど重く受け取られていなかったのではないかと思います。

それでもしつこく云い続けてまいりましたのは、一般的な人体生理学を一通り学んだ者であり、自分自身で考えること――の重要性を忘れていない者であれば、ちょっと推論しただけでも、降圧剤≒認知症の相関性といったカラクリを簡単に気づけるわけです。ですから自分自身の確信の上で、ああしたことをお伝えしてきたのです。

続きは、AWAKERSへ。
posted by K at 02:49| 04自然科学

2015年05月31日

東洋医学のしくみ 気・血・津液から針灸、漢方治療まで



兵頭明:監修
新星出版社:発行
価格:1,728円(税込)

わたしが鍼の学校に通ったのは、じつはそれ以前に習っていた東洋医学の考え方を、本腰を入れて学びたいと考えたからでした。
それが結局、今日のわたしの心思の軸をつくり、自然観をあきもせずにペラペラと語り続けさせる原動力となっていることは否めません。

東洋医学とは、西洋医学(ヨーロッパ医学)に対して創られた言葉だとおもいますが、その中には、中東のユナニ医学、インドのアーユルベーダ、チベットのチベット医学、中国の漢方などが顔を並べています。

しかし、わたしが学生だった当時に(今から35年ほど前)専門的に学べたのは、この中の東洋医学概論と古代中国で生まれたと云われる針灸、それにあん摩・指圧法くらいでした。

続きは、AWAKER’Sへ
posted by K at 10:56| 04自然科学

2015年05月04日

アポトーシスとは何か



田沼靖一:著
講談社現代新書1308
価格:680円(税別)

今年になって、厚薄40冊ほどの本を読んだと思うのです。内容は、歴史、政治、裏系、聖書系、イスラム系、仏教、哲学、物理、小説といったところですが、けっこう個人的で偏向的な本が多く、すべてのアウェイカーの方々に偏りなくご紹介できそうな本がありませんでした。

そこで今回は、書棚から引き出した少々古いこの本を紹介することにしました。
 
◇    ◇    ◇


さて、質問です。人間の細胞が死滅するパターンは何種類あるでしょうか。

そうですね。またもや、いつもながらの三種類です(笑)。@ネクローシス、Aアポトーシス、そしてBアポビオーシスです。

続きは、AWAKER’Sへ
posted by K at 07:56| 04自然科学

2014年12月29日

認知症の真実



東田勉/著
講談社現代新書/版
価格:800円(税別)

Awaker’s12月号の発刊直前に、関西の有志W.J.さんから、一冊の本が事務局に届きました。この内容に関する文章が会報SHIZENなSHISEI12月号に掲載されていることもあって、今回の予定を急きょ変更し、本書をご紹介することにいたします。

まあ、いまさらながらですが、現代医療のモラルはどうしようもないくらい低下していることを再確認させていただきました。内容については12月会報のWJさんのレポートをご覧ください。そこに本書とその社会的周辺について、とてもお上手に、しかも簡潔に要点をまとめてくれています。

続きは、AWAKER’Sへ
posted by K at 15:47| 04自然科学

2014年09月27日

電気システムとしての人体



久保田博南:著
講談社ブルーバックス

ワタシ(ム)は、身体と心思と精神からできてます・・・という話は、アウェイカーであれば知らない人はいないでしょ――。とはいうものの、そもそも身体や心思は、精神=エネルギーから分化したものであり、その内の高密度の部分が身体、低密度の部分が心思となっている――といった感じでしたね。

そんな身心の元締めたる精神ですが、その片割れの精は地表からのエネギー(飲食物)、精と相棒の神は天空からのエネルギー(雷や空気)――であることも、アウェイカー方には、折に触れてお伝えしてきました。

つづきは、AWAKER'Sへ

posted by K at 16:08| 04自然科学

2014年06月28日

高血圧はほっとくのが一番



松本 光正 :著
講談社プラスアルファ新書:刊 
価格:907円(税込)

posted by K at 22:06| 04自然科学

薬剤師は薬を飲まない



AWAKER'S-2014-06の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

宇田川久美子:著
廣済堂新書:刊 
価格:864円(税込)
posted by K at 22:05| 04自然科学

2014年05月29日

傷はぜったいに消毒するな



AWAKER'S-2014-05の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

夏井睦:著
光文社新書:刊 
価格:907円(税込)
posted by K at 19:28| Comment(0) | 04自然科学

2013年10月31日

人類資金

AWAKER'S-2013-10の
Chuyo Libraryで
紹介されました。


福井晴敏:著
講談社文庫:刊 
価格T:263円(2014/3/31まで)
  U:525円
  V:525円
  W:525円
  続刊行(X〜Z) 


人類が家族単位の生活から大多数の人間が蠢く集団社会へと移行し始めたのは、およそ今から10万年〜8万年前くらいの事らしい。その頃から人々は、Barter(物々交換)を行うことにより、余りあるもと足らざるものとの均衡を図りつつの生活を過ごしたであろうことは想像に難くない。

それがやがて原子番号79番/元素記号Au ――、
いわゆるGold金という比較的持ち運びやすい金属を基軸とした物流ルールに塗り替えられていく。

さらに時代が進むと、持ち運ぶ際にすり減り、運搬に不便と危険を伴うGoldの代用として、Goldとの交換を保証された債務証書なるものが発案され使用され始める。これが今現在でも世界中で使用されている紙幣の原型となる。

つづきは、AWAKER'Sへ







posted by K at 15:14| 04自然科学