2013年10月31日

人類資金

AWAKER'S-2013-10の
Chuyo Libraryで
紹介されました。


福井晴敏:著
講談社文庫:刊 
価格T:263円(2014/3/31まで)
  U:525円
  V:525円
  W:525円
  続刊行(X〜Z) 


人類が家族単位の生活から大多数の人間が蠢く集団社会へと移行し始めたのは、およそ今から10万年〜8万年前くらいの事らしい。その頃から人々は、Barter(物々交換)を行うことにより、余りあるもと足らざるものとの均衡を図りつつの生活を過ごしたであろうことは想像に難くない。

それがやがて原子番号79番/元素記号Au ――、
いわゆるGold金という比較的持ち運びやすい金属を基軸とした物流ルールに塗り替えられていく。

さらに時代が進むと、持ち運ぶ際にすり減り、運搬に不便と危険を伴うGoldの代用として、Goldとの交換を保証された債務証書なるものが発案され使用され始める。これが今現在でも世界中で使用されている紙幣の原型となる。

つづきは、AWAKER'Sへ







posted by K at 15:14| 04自然科学

2013年09月28日

精神科は今日も、やりたい放題




AWAKER'S-2013-09の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

内海聡:著
三五館:刊 
価格 1,365円(税込)

・・・・・・
帯に、精神科は99%が誤診!ついに出た、医学界内部からの告発---とあります。

つづきは、AWAKER'Sへ
posted by K at 01:37| 04自然科学

2013年06月25日

医者に殺されない47の心得




AWAKER'S-2013-06の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

近藤誠:著
アスコム:刊 
価格 各1100円(税別)

アンテナの鋭敏なアウエィカーWさんが「この本いかがでしょう」とご連絡をくれたので、早速手に取って拝読させていただきました。「とっても良い本です」と主観的には花丸をつけました。Wさん、ありがとう。

さて、本書のブックカバーの折り返しにこうあります。

「医者を40年やってきた僕が、一番自信をもって言えるのは「病院によく行く人ほど、薬や治療で命を縮めやすい」ということです。医者にかかればかかるほど検査が増えて「異常」が見つかり、薬を飲んだり手術をするハメになる。薬のほとんどに病気を治す力はなく、副作用は大きい。・・・

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 17:33| 04自然科学

2013年05月31日

重力とは何か



AWAKER'S-2013-05の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

大栗博司著
幻冬舎新書260
価格 各880円(税別)


「万物の理論」と呼ばれるものがあります。英語ではTheory of Everything(TOE)と表記されます。

今宇宙の創世始発期、そこには一つの力しか存在していなかった。しかしその後、強い力(強い相互作用)*1、電弱力(電弱相互作用)*2、重力*3という三種の力に分散された。そこで、これら三種の力の共通項を見出し、一つにまとめることができれば、今宇宙の秘密が解き明かされるであろう――ということで、世界中の物理学者方が追い求めている理論です。文字どおり「すべての物質現象を解明しうる根源的論理」というわけです。

  ◇         ◇         ◇

とはいうものの、見目麗しき女性方や働き盛りの男性に
とっては、こんなことはドーデモいい話だとおもいます。
ですが、ちょっと待ってください!

宇宙の根源にかかわる一つの要因としての重力が、実はワタシ(ム)の肥満や腹や顔のたるみを生み出している直接的原因である・・・なのであります。

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 12:16| 04自然科学

2013年03月30日

どうせ死ぬなら「がん」がいい



AWAKER'S-2013-03の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

中村仁一・近藤誠
宝島新書
価格 各733円(税別)


昨年の五月号で中村仁一さんの本『大往生したけりゃ医療と関わるな』をご紹介した際、「そういゃぁ以前にも中村さんと同じようなことを書いてた近藤誠さんというお医者さんがおられましたね」みたいなことをお伝えしたとおもうのですが、なんだかんだと云っているうちに、お二人の対談本がでました。

『どうせ死ぬなら「がん」がいい』――です。
書名から本の内容はおよそ想像がつくと思います。
「がん治療なんかするな」、「治療するから痛む」、「胃がんも肝臓がんも放置すれば楽に死ねる」・・・等々、まあ要するにがん治療に関わるだけ損ですというお話です。
続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 16:19| 04自然科学

2012年12月27日

二つのこころと一つの世界 心理学と脳科学の新たな視角



AWAKER'S-2012-12の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

坂野登著
新曜社刊  
価格 2800円+税

これまで心理学や脳科学の分野を多角的に研究されてきた先生ご自身が、「カエルやサカナのような脊椎動物は、すでに左半身と右半身の持つ意味が違っていて、左半身(右半球)は防御/逃走のため、右半身(左半球)は攻撃/捕食のために進化的に特化しているという 最新のアメリカの心理学者の説」を受け、これを心理学の様々な領域に適用するべく、新たに定位(方向づけ)と収斂(収束させること)という言葉で枠組みし、そこから脳機能や人間の心理のしくみにせまろうという意欲の一冊です。

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 15:11| 04自然科学

2012年12月01日

イメージを読む【美術史入門】



AWAKER'S-2012-11の
Chuyo Libraryで
紹介されました。


若桑みどり著
ちくま学芸文庫刊  
価格 1260円

現代に暮らすワタシタチの多くは「およそ絵画とはながめるものだ」・・・くらいのニュアンスで、美術館などを訪れているのではないでしょうか。

ところが、美術史の研究家として大学教授を務める著者によると「少なくとも、ある時期までは、画家は思想を伝えるためにのみ描いていたのです」―― ということらしいです。*下線はカタヤマ

      ◇    ◇    ◇

著者が一般の方からよく云われるのは、「画家はそんなにむつかしいことを考えて描いたのじゃない。かりにそうだとしても、絵を理解するのには、ただきれいだ、好きだだけでたくさんだ」といった反論らしいのです。

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 17:45| 07芸術

2012年10月31日

脳を支配する前頭葉



AWAKER'S-2012-10の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

エルコノン・ゴールドバーグ著
沼尻由起子著
講談社ブルーバックス刊  
価格 1,113円

コンピューター機能の発展速度と脳研究の速度は同時進行中です。なぜなら、いまのところ、いまのところですが、コンピューター界のトップ方がめざすところは、人間脳のような臨機応変機能を持つ機種の開発にあるからです。そして将来は、これを超える・・・。

そういうわけで、商業界から大脳生理学界へ、それこそ湯水のごとくに多大な研究費がおしみなく注ぎ込まれているというわけです。

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 17:03| 04自然科学

2012年09月30日

火怨 北の耀星 アテルイ



AWAKER'S-2012-09の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

高橋克彦著
講談社刊  
価格 上巻800円 / 下巻 860円

本年9月2日にNHKからある発表がありました。
2013年1月から何回かに分けて大型時代劇ドラマ「火怨 北の英雄アテルイ伝」がBSで放映されるというのです。
4月にはNHK地デジでも放映されるそうです。

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 11:26| 09文学

2012年06月30日

自分だましの心理学



AWAKER'S-2012-06の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

菊池聡著
祥伝社刊 
価格 各780円(税別)

「振り込み詐欺にどうしてだまされるのか」という質問に対して、認知心理学者である著者は、本書の中でこうおっしゃいます。

「その質問は前提がおかしいようですね。そもそも、“人はなぜだまされるのでしょうか?”ではなく、“なぜだまされない人がいるのかと問うべきでしょう」と答えておられます・・・・・・。

ところで、いきなり少し話がそれますが、この一文を読んだ時、別のある人物のことを思い出していました。

「世界の中に神秘が存在しているのではなく、世界が存在することが神秘なのです」――と

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 16:27| 01哲学