2010年10月05日

『キャピタリズム マネーは踊る』



AWAKER'S-2010-09の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

脚本・監督・出演:マイケルムーア
配給:ショウゲート
製作年:2009年
製作国:アメリカ
DVD 参考価格3990円(税別)、レンタル有り *368

世界中を巻き込んだアメリカ発のサブプライムローン問題を主軸にすえながら、「資本主義、いったい何やってんの!!」 ―― と、脚本・監督・出演の三役をこなすマイケルムーア氏の、おおかたの間主観的な想いが展開されていくドキュメンタリーな映画です。

それを拝見しながらのテマエの主観的な思いは、

「善し悪しは抜きとして、資本主義はほぼ飽和状態に近づきました。構造疲労はなはだしく、末期症状ともいえるでしょうか。しかし、まだ極点には至っておりません。この先しばらくの間は、お金にまつわるゴタゴタが世界中で勃発するでしょう。その間、およそ数百年くらいでしょうか。」

ただし、目に見えてキッパリハッキリの入れ替わりがあるわけではありません。すでに、リニューアルは徐々に始まっております。もしこの先もうしばらく人類が生きのこっているとするならば、数百年後にグランドオープンといった感じでしょう。

まあ、そういう限定つきの意味においては「機に応じて加減をはかることのできるとてもタイムリーな映画です。ごらんあれ」 ―― といったところでしょうか。

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 13:30| 03社会科学

2010年07月31日

『ブッダの実践心理学』 第二巻[心の分析]


AWAKER'S-2010-07の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

アルボムッレ・スマナサーラ/藤本晃
サンガ出版:刊

2500年あまりにわたって語り継がれてきた仏教 ―― その真髄となるアビダンマ[Abhidhanmma]*1 ―― に関する用語と項目を学ぶための入門書的なアビダンマッタサンガハ[Abhidhanmmattha-san(・)gaha]*2を全六巻(たぶん)に収めたシリーズの中の第二巻『心の分析[PRACTICAL PHYCHOLOGY OF THE BUDDHA]』をご紹介します。

本書は「心とは何か」を、仏教の立場から、とことん煮詰めた書物です。ちょっとだけ分厚いです。この一冊だけでも、目次や索引を除いて、だいたい350ページくらいになると思います。
本書のシリーズ六巻合わせると、2000ページを越えるのでしょうか。ページいっぱいに文字だけがずらりと並んでいます。

―― と、少々おどし気味に始まりましたが、そんなことはすべて脇に打っちゃっておいてよいくらい、とてもおもしろく興味深い書物でした(現時点ではまだ五巻しか読んでいません)。

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 19:04| 01哲学

2010年06月30日

権力に翻弄されないための48の法則・下巻


AWAKER'S-2010-06の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

ロバート・グリーン、ユースト・エルファ−ス:著
鈴木主悦:著
角川書店:刊

いちおうの常識をもっておられる御仁であれば、「腸や肛門周辺は見えないから汚れていても気にならけど、歯や顔のお手入れだけは、誰にもまけないわ」であるとか、「便器に渇いたウンコがこびりついていてもいいから、人の目につく玄関だけは立派に奇麗にしておきましょう」といった感性の持ち主には、ろくな輩はいないことくらいことは、おおかた察しがつくのでありましょう。

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 19:12| 03社会科学

2010年05月30日

権力に翻弄されないための48の法則


AWAKER'S-2010-05の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

ロバート・グリーン、ユースト・エルファ−ス:著
鈴木主悦:著
角川書店:刊


いまさらですが ――
自然律・森羅万象の最大公約数は三でしたね。

キリスト教であれば三位一体(父なる神・子なるキリスト・聖霊)、佛教でいえば佛・法・僧、 ヒンドゥー教ではブラフマン・ヴィシュヌ、シバ、物質でいえば固体・液体・気体といったところです。

とうぜん社会のしくみも、およそ三つです。
一番代表的なところでは、表、中、裏。

この辺はしっかり押さえていますね。

◇     ◇      ◇

ところが残念ながら一般的ワタシラの多くは、表だけが社会の全体像であるかのように偏見し、錯誤しつづけておりますから、頭の中身は一見丈夫そうに見えながらも、じつは姿勢同様に、大いにアンバランスです。

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 22:20| 03社会科学

2010年04月30日

自然を解剖する


AWAKER'S-2010-04の
Shizen Libraryで
紹介されました。

池内了:著
NTT出版:刊

ワタシはどこまでいっても自然の子どもです。しつこいようですが、ここのところだけはしっかりとカラダやココロに刻みこんでおきます。

と、大口を叩きますが、ワタシの大両親である自然が、いったいどのような姿をしているのか ―― といったことは、あまり詳しくは知らないわけでした。

そんな疑問に、なんとなくポソリと応えてくれる書物に、数年前に出会いました。

「だったら早く紹介しろよ」―― でしょうが、当時「これを皆さんに紹介いたしましょう」と意気込んだものの、いつもの悪いクセで、そう考えつつ他のことに取り組んでいるうちに、いつのまにか、思いつきも本書もどこかに雲隠れしていたのでした。


ところが、来年予定のイギリス講演(2011年5月)の準備のために来長くださっているイギリス人の方のお部屋を準備している最中に、なんと引き出し横のゴミ屑の中から本書が飛び出してきたというわけです。

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 00:00| 04自然科学

2010年04月14日

自然な姿勢の斉えかた




かたやまけんの『自然な姿勢の斉えかた』が、全国版ついに発行されました。
たくさんの方々におかげで素敵な本になりました。

どうぞよろしくお願いいたします。

◇ 内容
 日常において、誰もが何気なくおこなっている「しぐさや動きグセ」を応用して、無理なく、痛みなく、心地よく、姿勢を斉えてさまざまな病気を改善する実用本。改善例も満載。くわえて、ココロが軽くなる、やさしい自然観のお話しなど。

◇ 様式
四六版/206ページ/イラスト・写真多数

◇ 価格
1,500円(税別)

◇ お申込み方法
@お名前 A住所 B電話番号 C冊数
を電話またはメールにてシセイプラネットへご連絡ください。
本が発行され次第、お振込み用紙を同封して発送いたします。
送料は1冊につき200円です。

*お申込み&お問い合わせ*
シセイプラネット
電話 0956-26-6050
メール info@shisei-planet.com
posted by K at 19:18| 04自然科学

2010年03月31日

エチカ上・下


AWAKER'S-2010-03の
Shizen Libraryで
紹介されました。

『エチカ』 上・下
スピノザ:著
畠中尚志:訳
岩波文庫:刊

関ケ原の戦いが終わり、日本がようやく天下泰平の世を迎えつつあった頃、オランダのアムステルダムで、裕福な貿易商のマラーノの子としてバールーフ・デ・スピノザさん[1632年〜1677年]が生を受けております。

マラーノとは、血統的ユダヤ人(セファルディム)*1のユダヤ教徒ながら、強制的にキリスト教徒に改宗させられた人たちのことを、周辺の人たちがさげすんで名づけた呼称です。たしか直訳は「ブタ」だったと思います。

そんな両親から生まれたスピノザさんは、幼少の頃から、キリスト教の宣教師ではなく、ラビ(ユダヤ教の導師)になるための特訓を受けつつ成長していったようです。

ところが、1656年といいますからスピノザさん24歳の時、アムステルダムのユダヤ人共同体から異端者として追放されているのです。なにやらユダヤ教の教義の矛盾に、どんどんと突っ込みを入れたようです。


続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 00:00| 01哲学

2009年12月30日

『人生はゲームです −ブッダが教える幸せの設計図』


AWAKER'S-2009-12の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

アルボムッレ・スマナサーラ:著
大法輪閣:刊
posted by K at 00:00| 01哲学

2009年11月12日

研究会 指定一般図書


図解 整形外科学検査法
■著  者:新関真人

 書店にて各自でご購入いただき、ご準備くださるようお願いいたします。 但し、探せない場合は事務局で承りますので、お早めに ご連絡ください。
 尚、類似書籍 「写真で学ぶ 整形外科テスト法」 ■著  者:J.J.シプリアーノ をお持ちの方は、ご購入の必要はありませんので そちらをお持ちいただきますようおねがいいたします。
posted by K at 14:03| 日記

2009年10月29日

ガンで死んだら110番



AWAKER'S-2009-10の
ChuYo Libraryで
紹介されました。

船瀬俊介:著
五月書房:刊
定価2000円(税別) *492

本書によると、抗がん剤の別名が「細胞毒」であることが「医薬品添付文書」と書かれているのだそうです。お断わりするまでもないのでしょうが、「細胞毒」というのですからガン細胞だけではなく、正常細胞にたいしても毒であるということになります。

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 12:39| 04自然科学