2009年09月30日

日本の曖昧力



AWAKER'S-2009-09の
ChuYo Libraryで
紹介されました。

呉善花:著
PHP新書:刊
定価740円(税別)

アウェイカーとしての研鑽を長く積まれてきた方々は、これまで何度も「曖昧(あいまい)」という言葉を耳や目にしてこられたことだと思います。
「曖昧」とは、日を愛するように、日を味わうようにと書いておりまして、後者の昧(まい)の字は、三昧*1にも使われていたりなんかするわけです。

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 04自然科学

2009年07月09日

病気にならない免疫生活のすすめ



AWAKER'S-2009-06の
ChuYo Libraryで
紹介されました。

「病気にならない免疫生活のすすめ」

安保徹:著
中経の文庫:刊

・・・近頃、「この辺の居心地は悪いぞ」と感じはじめたり、声を上げ始めたりするお医者さん方が、少しずつ増え続けています。今回ご紹介した本を書かれたのも、そのような方々の中のお一人です。

人は、死期が近づくと、欲も徳も忘れて、本音を語りたくなるようです。あるいは、死期が近づく頃にやっと「心地良く死ぬためには、本音で生きたほうがよい」ということに、気づくのかもしれません。

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 04自然科学

2009年07月08日

指定一般書籍

Awaker資格認定講座基礎課程講座に必要な
指定一般書籍です。
*類似の書籍をお持ちの方は必要ありません。

posted by K at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 04自然科学

2009年05月21日

『大江戸リサイクル事情』


AWAKER'S-2010-07の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

著:石川英輔
刊:講談社文庫

パリのベルサイユ宮殿にお住まいのお貴族ご婦人方が、糞便を庭に垂れ流す際に、衣服を汚さないようにとハイヒールなどが考案されている頃、遠い東の国のお江戸あたりでは、汲み取りシステムを完成させ、お上から下々までが糞尿を金肥と称し田畑へと還元するリサイクルシステムを営んでいたというのはご存知でしょうか。

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 00:00| 03社会科学

2009年05月20日

『セロトニン欠乏症』


AWAKER'S-2009-05の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

著:有田秀穂
刊:生活人新書

今月のニクタイ・ナイゾウ・セイシンのしくみでもお伝えしたように、セロトニンという内分泌物質がココロの調和に欠かせないものであることが詳しく書かれているのが本書です・・・。


続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 00:00| 04自然科学

2009年03月20日

『電気的宇宙論』


AWAKER'S-2009-03の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

ウォレス・ソーンヒル、デヴィッド・タルボット[共著]
小沢元彦[訳]宝島社:刊

これ以上分割できない世界、つまり「極のわかった(分った)の世界」のしくみを解き明かそうと、いまから100年以上ほど前から(1900年頃)、マックス・プランク氏を中心として発展とげてきた量子論*1によって、現代の自然科学は、まさしくミイラとりがミイラになったがごとくに、混迷のドツボにはまり込んでいる模様です。

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 00:00| 04自然科学

2009年02月20日

『いのちの食べ方』


AWAKER'S-2009-02の
Chuyo Libraryで
紹介されました。

ニカラウス・ゲイハルター:監督・撮影
ウォルフガング・ヴィダーホーファー:編集
新日本映画社:発売 *レンタルもあります。

いまさら食の有り方について、四の五のはありませんが、いまだに無邪気/無防備に肉を食べている方々、農薬や添加物および化学調味料(味覚撹乱物質)の怖さを知らずに食べている方々等々・・・、まあ、とにかくも食べ物がどのようにして食卓に並べられているか知らない方々は、なにはともあれ、一度このDVDをごらんになっておいてはいかがでしょう。

続きはAWAKER'Sへ・・・。
posted by K at 00:00| 07芸術

2009年01月02日

図説 東洋医学



Cel12-2008の
ChuYo Libraryで
紹介されました。

「図説 東洋医学」

山田光胤/代田文彦:著
学研:刊

20歳を過ぎた頃より、東洋医学らしきものの勉強を始めて三十数年が過ぎました。そして、今になって何がわかったかというと、「分からないことがわかった」という、なんともまあ気の抜けた様相を呈しております。

この先、年々の余命が残されているのかは存じませんが、たぶん「分からないことが分かった」という気づきが「益々濃くなるのだろうね」といった感じでしょう。

まあ、そもそも東洋医学の根幹は、史記でも云いますように「因循(いんじゅん)」でありまして、ワタシらには森羅万象と映る物事も、じつに「一元が二元となり、その二元が、三として、さまざまにつながり混ざり合いながら、巡り巡っている・・・だけ」・・・Celに続く・・・
posted by K at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 04自然科学

2008年12月07日

吉田松陰・留魂録



Cel04-2008の
ChuYo Libraryで
紹介されました。

吉田松陰・留魂録


吉田松陰:著
古川薫:全訳注
講談社学術文庫:刊


『身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも
留めおかまし大和魂』
の句ではじまる本書は、明治維新前の長州藩(現在の山口県あたり)の兵学者であり思想家であり、そして教育者でもあった松下村塾の主宰・吉田松陰さんが、斬首刑前日一日間で書き上げた五千字の、まさに魂を留める遺書であり檄文です。・・・Celに続く・・・
posted by K at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 01哲学

2008年12月06日

心の中はどうなってるの?



Cel03-2008の
ChuYo Libraryで
紹介されました。

「心の中はどうなっているの?」

アルボムッレ・スマナサーラ(著)
サンガ(刊)


『現世の諸事に惑わされず、智慧(ちえ)(パンニャー[pajjaa]=般若)をみがき、真理をめざせ』・・・というのが、仏教の原教だろうか・・・と、私なりに解釈しているのですが、どうなんでしょうね。
まあ、なにせ、カラダのこと以外はほぼ独学なので、確固たる自信の無いままに歳を重ねておりますが、そんな毒学者がありがたい仏教の教書にであいました。

・・・Celに続く・・・
posted by K at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 01哲学